三菱健康保険組合

三菱健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

特定健診・特定保健指導

40歳から74歳まで(※)のすべての被保険者および被扶養者に対して、特定健康診査(特定健診)が実施されています。特定健診とは、メタボリックシンドロームの該当者および予備群を減少させるための特定保健指導を必要とする人を抽出するために行うものです。
※三菱健保では、35歳以上の加入者を対象にしています。

POINT
  • 40歳になると、特定健診の対象となります。(三菱健保では35歳から対象)
  • 特定保健指導の対象となった方には、健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。

特定健診・特定保健指導の目的

これまでの健診・保健指導は「病気の早期発見・早期治療」を目的としていました。

特定健診・特定保健指導では、内臓脂肪型肥満に着目し、その要因となっている生活習慣を改善するための保健指導を行い、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群を減少させること(病気の予防)を目的としています。生活習慣病は自覚症状がないまま進行するため、健診は個人が生活習慣を振り返る絶好の機会と位置づけ、行動変容につながる保健指導を行います。

特定健康診査(特定健診)とは

特定健康診査(特定健診)は、内臓脂肪型肥満に着目した、生活習慣病予防のための保健指導を必要とする人を選び出すための健診です。健診項目には、内臓脂肪の蓄積状態をみるために腹囲の計測が追加されるなど、特定保健指導の対象者を的確に抽出するための検査項目が導入されています。

特定健診の結果をもとに、内臓脂肪蓄積の程度とリスク要因の数に着目して、リスクの高さに応じて、レベル別(「動機付け支援」・「積極的支援」)に特定保健指導の対象者の選定を行います(階層化という)。

階層化のステップ

特定保健指導とは

特定保健指導は、階層化により「動機付け支援」「積極的支援」に該当した人のうち、健保組合が判定した対象者に対して実施します。

特定保健指導の目的は、対象者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣の改善のための自主的な取り組みを継続的に行うことができるようにすることにあり、対象者が健康的な生活に自ら改善できるよう、さまざまな働きかけやアドバイスを行います。

動機付け支援・・・生活習慣の改善の必要度が中程度

特定健診結果に基づき、初回面談が行われます。面談では、保健師、管理栄養士らの指導のもとに、実現可能な健康目標と実行プランを設定します。各自プランを実行中は取り組み内容を記録していきます。3ヵ月後、計画通り効果がでているかなどを電話またはメールとレポートを使用して評価します。

積極的支援・・・生活習慣改善の必要度が高い

動機付け支援の内容に加え、プランを実行中、原則4回保健師等が取り組みを支援するサポート(電話またはメール・レポート)を行います。
なお、2年連続して積極的支援に該当した場合、前年度に積極的支援を終了しており、1年目に比べて2年目の状態が改善※していれば、2年目の特定保健指導は、動機付け支援相当で可となります。

  • ※BMI30未満:腹囲1cm以上かつ体重1kg以上、BMI30以上:腹囲2cm以上かつ体重2kg以上

オンライン資格確認等システムによる特定健診情報の提供について

当健康保険組合は、オンライン資格確認等システムを導入しています。このシステムの機能の1つとして、当健康保険組合に加入する前に加入していた保険者(旧保険者)において実施された特定健診の情報を、当健康保険組合に提供することが可能となっています。
特定健診情報の提供にあたっては、オンライン資格確認等システムを用いて提供を受ける場合に限り、加入者の同意を得ることは不要とされていますが、旧保険者で実施された特定健診情報の提供を希望されない場合は「不同意申請書」の提出をお願いいたします。

参考リンク

三菱健保の取り組み

特定健診・特定保健指導の対象者は40歳~75歳未満とすることが法令上定められていますが、当組合では厚生労働省「標準的な健診・保健指導プログラム」に、40歳未満の方に対しても生活習慣病の予防を行うことが重要とされていることから、対象者の年齢範囲を35歳以上に拡大し、実施していくこととします。

三菱健保の特定健康診査等実施計画(第2期)
三菱健保の特定健康診査等実施計画(第3期)
三菱健康保険組合並びに加入事業所が共同で実施する健康診査事業の公表について

被保険者

  • 35歳以上の被保険者(会社で働いている方)には、会社の定期健診で特定健診項目も受けていただきます。
  • 特定健診の結果データは事業所より受領し、保健指導の資料として利用するため健保組合が保管します(健保組合へ特定健診結果を提出することに同意されない方は、各事業所にお申し出ください。)
  • 健診結果より、特定保健指導およびその他の保健指導の対象となった方には、会社を通して利用案内をいたします。
  • 特定保健指導等の面談は、会社内の会議室等で行います。会社ご担当者の指示に従い利用して下さい。

被扶養者・任意継続被保険者

  • 健保の被扶養者(専業主婦など)および任意継続被保険者で、35歳以上の方には特定健診より充実した生活習慣病健診を健保組合が提供します。自分の健康を自分で守るために積極的に生活習慣病健診を受けてください。
  • 特定健診の結果データは(株)イーウェルより回収し、保健指導の資料として利用するため健保組合が保管します。
  • 健診結果より、特定保健指導およびその他の保健指導の対象となった方には、ご自宅宛に利用案内をお送りし、ご自宅にて面談を行います。
    *委託機関であるSOMPOヘルスサポート(株)所属の相談員(保健師等)が電話にて(※)、特定保健指導の面談の希望有無、面談日時等を確認させていただきます。
    ※生活習慣病健診受診時にご提示いただいた電話番号もしくは、組合の資格台帳に登録された電話番号にご連絡いたします。

ページ先頭へ戻る